アメリカの銃器界隈を一変させるかもしれない『Auto Glove』という新商品が先月、発表された。

熟練の元軍人がデザインしたので、どんな銃で使っても問題なしだ、

これぞ銃火器版“連射コントローラー”!

今回は、そのグローブのPR映像をご紹介したい。

 

 

アメリカ=ルール無用の銃社会と、私たち日本人は想像しがちである。

だが、実際のところは州によって様々な規定がある。所持が許されている州もあれば、完全に禁止されている場所もあるのだ。

また仮に所持OKでも、好きなものを買える州はごく少数。マシンガンなどは、単発でしか撃てないよう制限を加えないと、大抵の州では販売が許されていない。

だがこのAuto Gloveは、そんな規制の網を逆手にとった。

「単発でしか撃てないなら、連射並の速度でトリガーを連打すればいいじゃない」というわけである。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Marzia)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ