アルミ箔や一円硬貨など、身近な日用品に数多く使用されているアルミニウム。

そのアルミニウムと水銀が反応すると“アマルガム”という合金を形成するのだが、ある実験を行うことで、驚くような反応を示すという。

まるで金属の生物であるかのように発生する、その驚くべき現象を目撃して頂きたい。

 

 

動画では、アルミのプレートにすり鉢状の凹みを付け、そこに水銀を流し込むことで、この奇妙な現象を発生させている。

 
画像出典:YouTube(Aluminum and Mercury)

 
画像出典:YouTube(Aluminum and Mercury)

しかしアルミの表面は酸化皮膜に覆われているため、動画では水銀と反応させるために金属棒で傷つけたり、ドリルを使用するなどの試みを行っている。

しかしそれだけではアマルガムは形成されず、最終的には希塩酸で酸化皮膜を溶解させることで現象を発生させた。

 
画像出典:YouTube(Aluminum and Mercury)

 
画像出典:YouTube(Aluminum and Mercury)

 
画像出典:YouTube(Aluminum and Mercury)

 
画像出典:YouTube(Aluminum and Mercury)

この現象は、アマルガムが水分と反応することで酸化アルミニウムが生成されることから発生する。

細かな酸化アルミニウムの綿がプレート表面に広がりながらニョキニョキと伸びていき、最後にはタワー状の物体を形成した。

ただし水銀は強い毒性を持つうえに、酸化による発熱反応が発生するため、蒸発した水銀を吸い込む危険性もある。

同様の実験を行う場合は、専門知識を持つ人の立会いの下で行うなど、慎重な注意が必要である。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Aluminum and Mercury)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ