レーザーを角膜に照射することで、近視、遠視、乱視を矯正する「レーシック手術」。

今や多くの人が利用する手術となっているが、Twitterユーザー・迅 (Jin) (@wangxun)さんは、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)がレーシック技術をやらない理由を疑問に思ったようだ。
 


 
この疑問について、高須院長が答えてくれている。

手術をしない理由とは・・・。
 


 
院長がレーシック手術をしないのは、「レーシックの専門家が眼鏡かけてるから」だという。

これはズバり納得がいく理由だ。
 


 
確かに、眼鏡をしている人が多い。

 
【tvcec】視力矯正手術アイレーシック iLASIK 解説&手術動画。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ