地球上のどんな場所へも、最長1時間あればどこにも行け!?

『テスラ』や『スペースX』など、様々な企業のトップとして活躍する実業家、イーロン・マスク氏が先日新たに提唱した、ロケットを使った“世界移動法”が注目を集めている。

 

 

今回のアイディアは、先述したスペースXが担うプロジェクトである。

プランが実現した暁には東京―NY間を約37分で、ロンドンからドバイまでを、約27分程度で移動可能になる。

構想としては、ロケットは映像のように大都市近くの水上などに配置された“発射台”から打ち上げられ、目的地最寄りの別な発射台へと降りるというのが、一連の流れになるそうだ。

なお、気になるチケット代については現行の旅客機、そのエコノミークラス程度の料金を目指しているとのこと。

「こういった物(ロケット)を建造して月や火星に向かって飛ばす時代です。それなら地球上の移動にも、同じものを使わない手はないでしょう」とは、イーロン氏のコメントである。

 
画像出典:YouTube(Tech Insider)

 
画像出典:YouTube(Tech Insider)

 
画像出典:YouTube(Tech Insider)

 
画像出典:YouTube(Tech Insider)

 
画像出典:YouTube(Tech Insider)

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Tech Insider)
参照:Daily Mail/Elon Musk reveals ‘Big F***ing Rocket’ that could revolutionise travel on Earth and take passengers anywhere on the planet in 60 minutes
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ