どこにも繋がらない階段や、高層階に位置しながら足場のない扉。

そんな不可思議な構造を持った建築物を、日常や外出先で目にしたことはないだろうか?

実は、ああいったものには『超次元トマソン』という芸術上の名称があり、しかも愛好家の方々が少なくない数存在するのだ。

今回ご紹介する画像の数々は、そんな“トマソン”たち。

明日からこんな場所を意識的に探してみるのも、面白いかも?

 

■『超芸術トマソン』とは、不動産に付随する美しくも無用の長物を指す

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ