Twitterユーザー・ああ(@usabarasiusagi)さんが、小学生の作った俳句を紹介している。

小学生とは思えない、恐ろしい程の描写能力となっている。

早速、ご覧いただきたい。
 

■小学生が作った俳句

 
そらをとぶバイクみたいなはちがくる(小1男)

しかられたみたいにあさのバラがちる(小2女)

かっこうがないてどうわの森になる(小3女)

星を見る目から涼しくなってくる(小4男)

いなごとりだんだんねこになるわたし(小1女)

夏の日の国語辞典の指のあと(小5女)

墓まいり私のごせんぞセミのから(小4女)

あきまつりうまになまえがついていた(小2女)

あじさいの庭まで泣きにいきました(小6女)

天国はもう秋ですかお父さん(小5女)

台風が海をねじってやってきた(小6女)

話してる文字が出そうな白い息(小6男)

えんぴつが短くならない夏休み(小6女)

秋のかぜ本のページがかわってる(小2女)

■反応の声

 


 


 


 


 
小学生なのに、上手すぎる俳句だ。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ