その動きのキレ、100年物!

この世に生まれ出て1世紀、まだまだ若いものには負けないわ!

自分の誕生日という晴れ舞台にて、アップテンポな音楽をバックに、ノリノリの踊りを披露するおばあちゃん。そんな彼女を撮影した映像が海外で話題になっている。

 

 

最初に100年物、と書いたように、彼女エリザベス・コックレルさんは文字通り100年の時を生きた、まさに生き字引のようなご老人。

近年、高齢者に関する医療が日進月歩の勢いで進歩しているとはいえ、さすがに3ケタにもなると、なかなか身体を思い通りに動かせないという人も多いワケだが、エリザベスさんは、どうやら例外のようだ。

と、このように踊るだけでもスゴいのだが、知っている人ならばもう1つ、恐らくビックリな点に気が付いたことだろう。

そう、音楽である。

流れているこの曲は、ブルーノ・マーズという歌手の『”24K Magic”』という歌なのだが、実はコレ、昨年2016年に発表されたばかりの最新ナンバーなのだ。

これだけリズムに合わせられるということは、即興ではなく恐らく日ごろから、このような楽曲を聞いているということなのだろう。

新しいものに興味を持ち続けることこそ、長生きの秘訣・・・かも?

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Inside Edition)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ