普通ならば、スキーといえば山の傾きによって加速していくものである。

物足りないと考えた男性が中欧の国、スロヴェニアにいた。

彼はより速く、そしてより過激に滑ることを望み、最終的にある考えにたどり着いたのであった。

「ジェットパックを、背負って滑れば面白いのではないだろうか?」というアイディアへと。
 

 
その協賛を担ったのが、我らがエナジードリンク界の雄『レッドブル』。

もはやエクストリームスポーツ界隈にとっては欠かせない存在となっている同社だが、その手助けによって彼フィリップ・フリザーさんは、背中から噴き出る爆炎と共に山を、そして街路を滑走する。

フィリップさんは『スキークロス』という種目の世界大会で、優勝した経験もある実力者。今回使われたジェットパックも彼が普段、趣味で使っている私物なのだとか。

ジェットの力はすさまじく、ただ滑るだけなら止まってしまうような平坦な道も、推進力にモノをいわせてどんどんと進んでいく。

その最高速度は時速120キロ。

車に乗っていても「速い」と感じる速度域なのだから、身一つの状態でどのようにフィリップさんが感じたのか、多くを語る必要はないだろう。
 
画像出典:YouTube(Red Bull)

 
画像出典:YouTube(Red Bull)

 
画像出典:YouTube(Red Bull)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Red Bull)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ