2008年、『マリオカートWii』というゲームが任天堂から発売された。

本作は、任天堂のキャラクターたちがカートに乗ってレースするマリオカートシリーズ。その6作品目である。

なぜ今突然、この“レトロゲー”の話をするのか?

実は今年2017年、発売から9年越しに、信じられない新発見が持たらされたのだ。

海外YouTuber『MrBean35000vr』さん。

彼は、誰も気が付かなかった、隠されたゲームモードの存在を暴いたのだ。

 

 

『ミッションモード』。彼が発見したゲームモードの名前である。

過去作、マリオカートDSにも似た要素が存在しており、MrBeanさん曰く、それのWii版だと思えば良いそうだ。

ただ隠しと言っても、ゲームモードが完成した状態で丸々収録されていたわけではない。
 
画像出典:YouTube(MrBean35000vr)

映像をみれば分かる通り、セレクト画面には文字が表示されなかったり、出てきても謎の数列が並ぶという、未完成状態。

どうも、開発段階で破棄された没要素が、どういうわけかディスク内に残ってたようなのだ。

それにしても、多くの人の手が触れた大ヒットゲームであるにも関わらず、なぜ今まで誰もこの発見を成しえなかったのだろうか?
 
画像出典:YouTube(MrBean35000vr)

それはプログラムそのものに、起因していた。

MrBeenさんの解析によると、なんとゲーム自体が、このモードを隠すよう“組まれていた”という。

また、辿り着けたとしても、ロードのためのシステムが抹消されていたため、プレイは不可能だった。

だが彼はあきらめなかった。なんと自力で、そのシステムを復元してしまったのである。
 
画像出典:YouTube(MrBean35000vr)

動画後半に収録されているのは、復活したミッションモードのテストプレイの様子。

『ドリフトを一定数こなせ』や『アイテムボックスを集めろ』といった指令を、制限時間内にクリアする仕組みになっている。

MrBeenは、これからもマリオWiiの解析を続けるとのこと。

動画説明文によると「今になってこんなのが見つかるんだから、まだまだ色々未発見の物があるんじゃないかな?」だそうだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(MrBean35000vr)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ