ドローン技術の進化は、ついに人類を“空飛ぶ円盤”に搭乗させることに成功しそうだ。

イタリアのJet Capsule社が開発を進めているドローン航空機は、ロータリーエンジンによって駆動する8機のローターを搭載した、ディスク状の回転翼を持つ航空機である。

“未確認飛行物体(unidentified flying object=UFO)”ならぬ、“既確認飛行物体(Identified Flying Object=IFO)”という名前を持つ、搭乗型オクトコプターの姿をご確認いただきたい。

 

 

“I.F.O.”は、コックピットとなる中央のカプセル部分をカーボンファイバー製の4.70メートルのディスクで囲うという独特のスタイルで構成されている。

カプセルの搭乗員は2名。バッテリーを充填した状態での最大飛行時間は60分から70分、飛行速度は最高で120mph(時速193キロ)を想定しているという。

 

 

気になる安全性だが、8機のローターを持つオクトコプターはモーター系のトラブルに強く、少なくともドローン技術においてはこの構造よりも勝る形状は物理的に難しいとされている。

そういう点で設計上の安全性が図られている一方、非常時にはカプセルを切り離し、パラシュートを展開することで乗員の安全は確保されるという。

かつて人類が夢見た”空を飛ぶ”という夢にも、技術の発展により様々なオプションが広がっていることだけは事実といえそうだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Futurism)
参照:YouTube(Jet Capsule)
参照:Mail Online/Would YOU take this Italian UFO for a spin? Concept drone seats two people and hits speeds of 120mph
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ