透明なのに味がついている、“フレーバーウォーター”や“透明飲料”等と呼ばれる商品が増えている。

最近では無色透明なミルクティーが話題を呼んだが、視覚的な印象を排除した透明飲料は、果たして本当に“味”のみで判断できるものなのだろうか。

Twitterユーザー・かおまる(@ka0maru)さんの考案した『効き透明ジュース類選手権』が楽しそうなのでご覧頂きたい。

 

 

かおまるさんによると『効き透明ジュース選手権』とは、A~Eのコップに透明飲料を少量ずつ入れて、香りと味で商品を当てる“利き飲料”ゲームだという。

確かに視覚が味覚に及ぼす印象は大きく、なかなかに難しいゲームであるようだ。

 

■Twitterの反応

 

 

 

 

 

 


これは一度やってみたい!

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ