一体、この映像は何のCMなんだ・・・!?

大自然や神社をバックにコンテンポラリーダンスを踊る、男女二人のダンサー。

その場所は日本屈指の“パワースポット”の一つ、島根県・出雲。

そんな美しい原風景を残す出雲にて、男性の力強さと、女性の麗しさを表現している世界観に思わず引き込まれそうだ。

だがこの映像は・・・出雲のPR動画? もしくはコンテンポラリーダンスのCMか?

答えは、動画最後の「文字」でわかるだろう。それではご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

 

なんと「プロテイン」のCMであった!

ちなみにブランド名は『IZMO(イズモ)』。出雲での撮影は、実はブランド名の由来となった場所だったのだ。

しかもこのブランドムービーは、多種多様なクリエイターが在籍する、クリエイティブアソシエーション『CEKAI(世界)』が担当。

『IZMO』が目指す「日本人らしい、しなやかなカラダ」というテーマを、見事表現した。

プロテインのCMにもかかわらず飲んでいる姿は、

 

まさかの動画0:14辺りの、たった1秒間だけ(笑)。

だがこの強調しすぎないスタイルは、テーマである「しなやかさ」に通じる上品さだ。

今までのプロテインのCMとは全く異なるアプローチの仕方が面白く、見る人の印象に残るだろう。

 

さて、「日本人のためのプロテイン」とはどういうことだろうか。

日本人は、必須栄養素である『タンパク質』の摂取量が約50年前よりも少なくなっているという。

タンパク質は筋肉だけでなく、内臓や血液など身体の大部分を構成している栄養素で、エネルギー源としての利用や酸素の運搬など人間にとって大変重要な役割を持つ。

そこで、その大切なタンパク質を構成するアミノ酸の吸収率を増やす『“生きた乳酸菌”BC-30』を配合したのが、機能性プロテイン『IZMO(イズモ)』という訳だ。

まさに“日本人に合った”プロテインなのである。

アスリートや筋トレをしている人だけでなく、すべての日本人の健康課題を解決する商品となっているので、気になるかたは一度試してもらいたい。

本日9月20日より、全国の「スーパースポーツゼビオ」「Victoria(ヴィクトリア)」で発売開始。

 

参照・画像出典:YouTube(IZMO ENERGY)
参照・画像出典:『IZMO』公式サイト


この記事に関するまとめ