ファミリーレストランなどで、一般的なサービスとして定着しているドリンクバー。

今ではコンビニのコーヒーマシンや、いわゆる“バリスタ”などでも用途を広げ、オフィスや生活に欠かせないサービスとなっているが、工夫次第では自作できてしまうらしい。

 

 

YouTubeチャンネルの“The Q”が公開した動画は、欧米では“ソーダ・ファウンテン“と呼ばれる、清涼飲料水を供給するためのディスペンサーを簡単な工作で制作するためのハウツーである。

必要な部品は6ボルトのエアポンプモーターとスイッチが数個、バッテリー、ビニール線、供給用のビニールパイプ、筺体を構築するための段ボールなどである。

後の工作は動画に詳しいが、どうせ自作するなら、スイッチを角型のタクトスイッチやトグルスイッチにアレンジしてみるなど、アイデア次第でさらに愛着の湧く面白い装置になりそうだ。

ただし口に入る飲料を扱うため、くれぐれも衛生面には注意してほしい。

筺体を防水のコーティング剤で補強し、保冷剤を使用するなど工夫を凝らしてグレードアップさせれば、ホームパーティーでも大活躍するアイテムになるのではないだろうか。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(The Q)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ