日本人大学生の藤村聡之さんが、ちょっと変わった行為でギネス記録認定された事が話題になっている。

彼がギネス認定されるために行った行為は、高速指パッチンだ。

1分間にどれだけ多くの指パッチンを鳴らせることが出来るのかに挑戦したという。

その様子がコチラ。
 

 
たかが指パッチンと、侮ってはいけなかった。

これは速い、超高速指パッチンだ。

指パッチンが代名詞であった、今は亡きコメディアン・ポール牧さんもびっくりであろう。

藤村さんは、1分間で指を296回鳴らし、見事ギネス認定された。

凄い記録だが、かなり苦しそうだぞ!

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Guinness World Records)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ