「あれ、去年も履かせてもらったけど、歩き方忘れちゃった」。

カナダはカルガリーの家庭で飼われている犬、デイジーちゃんは飼い主の計らいにより、犬用ブーツを履かせてもらうことになった。現在、カルガリーはマイナス20度の極寒、そして雪が積もっているからだ。

 

画像出典:mirror.co.uk

実は去年もブーツを履かせてもらったのだが、一年経ってしまうとブーツを履いて歩くという感覚が鈍るらしく、どうもうまく歩けないデイジーちゃん。

「どうやって歩くんだっけ・・・」。そんな声が聞こえてきそうなデイジーちゃんの様子がこちらである。

 

 

どうも後ろ脚が上手くいかないらしく・・・

 

画像出典:mirror.co.uk

逆立ちしちゃったり。飼い主のステファニーさんも思わず爆笑。

結局、デイジーちゃんはそれから1時間ほどしてようやく普通に歩けるようになったそうだ。一年も経つと感覚を忘れちゃうよね、デイジーちゃん。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:mirror.co.uk/Confused labradoodle is so baffled by her snow boots that she ends up doing handstands
参照・画像出典:YouTube(Caters Clips)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ