これで、道具を持ち運ぶ必要もなくなった!

キャンプなど、山方面のアウトドアレジャーに大切なコンロ類。

これを“現地”で、それも大したモノも使わず作り上げてしまうライフハックが今、海外で話題になっている。

YouTubeチャンネル『NightHawkInLight』提供の、コチラの動画をご覧いただきたい。

 

 

必要な道具は、カラの缶詰めならびに缶切りの2つだけ。加えて完成後、調理器具を置くための台があればより完璧だ。

作業工程としてはまず、缶底の外周に穴を内側に向かって空気穴を空けていく。

次に、空いた穴を使い、今度は底にも穴を作る。出来上がったら、カットした金属部分を底側に向かって押し出そう。コンロの“足”として使うためだ。

これら2つの作業を繰り返し、底部が完成したあとは、缶の上側でも同じように作業を繰り返す。

全てが終わったら、缶のなかに火種を入れて着火、コンロとして使う準備は完了だ。

 
画像出典:YouTube(NightHawkInLight)

 
画像出典:YouTube(NightHawkInLight)

 
画像出典:YouTube(NightHawkInLight)

友達などと出かけたときに、この技を使えば、尊敬されること間違いなし?

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(NightHawkInLight)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ