映画やドラマで多用される、“あの演出”が実際に効果があるのか、実際に試してみたという。
 


 
創作物では、口にテープを貼られた人は、誰かに剥がしてもらうまで、喋ることができないというのがお決まりだ。

だがこの拘束術、Twitterユーザー・菩薩系女子めい子 (@meiminn)さんが検証してみたところ、舌で裏面を舐めただけで、簡単に解けてしまったらしい。

とは言うものの、画像もなく文章だけのツイートである。

具体的にどのような動きで“脱出”したのかは謎のまま。また失礼ながら、真偽を判断するのも難しい所がある。

そこで、コチラの動画をご紹介したい。

 

 

先述した実験、それを映像として記録した状態でテストしていた人が、実は2016年にすでに存在していたのだ。

彼女『sea cat』さんによる検証は、菩薩系女子めい子さんによる報告をほぼ裏付ける形で終了する。

裏側から刺激を加えることで、ガムテープはすぐに顔から剥がれ落ちたのだ。

ただ、映像を見る限り、かなりの“顔面エネルギー”が必要ではあるようだが・・・。

 
画像出典:YouTube(sea cat)

 
画像出典:YouTube(sea cat)

 
画像出典:YouTube(sea cat)

 
画像出典:YouTube(sea cat)

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(sea cat)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ