車を所有している方は、どのようにしてオイル交換を行っているだろうか?

もちろんプロの整備士に依頼するのが一番確実な方法だが、少しでも料金を節約したいと考えている人は、自分で交換してしまうのも一つの方法である。

そこで、こんな動画はいかがだろうか。

小さな女の子が、車のオイル交換の方法をレクチャーしてくれるぞ。
 

 

■パート1『古いエンジンオイルを抜く』

1.まずはジャッキを使って車を持ち上げる。この時に重要となるのは、油圧ジャッキの不測の事態に備えて、必ずジャッキスタンドを使用することである。

また、安全のために輪止めを使用することも忘れてはならない。

2.オイルの飛沫汚れに備えて、新聞紙やブルーシートなどをあらかじめ敷いておく。後はドレンボルトの下にオイル受けを置き、トルクレンチでボルトを外す。

ジャッキを戻し、オイルの排出を待つ間にクッキーを食べる。

3.再びジャッキアップしてからオイルフィルターを外し、新しいフィルターと交換する。この時、古いガスケット(パッキン)が外れているかを確認することが大切である。

ドレンボルトを締め直し、ジャッキを降ろすとオイル排出の工程は終了である。

部品を外す際には、手袋を忘れないようにしよう。大好きなクッキーが食べられなくなるからだ。

 
画像出典:YouTube(Little How To Girl)

■パート2『新しいオイルを注入する』

オイルフィラーキャップを外し、漏斗(じょうご)を使ってオイルを注ぐ。この時、過剰な量を注入しないよう、オイルレベルゲージで確認しながら慎重に行うことが重要である。

フィラーキャップを閉め直せば、全ての工程は終了となる。

動画で使用されている車は2013年モデルの日産ジュークとのことだが、車の種類に関わらず手順はほぼ同じだという。

何とも可愛らしい、小さな整備士さんの動画であった。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Little How To Girl)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ