ふとした瞬間に、神が舞い降りたかのように才能が目覚める瞬間がある。

ご紹介する動画も、そうした瞬間を捕らえたものなのだが、まずはその目でご確認いただきたい。
 

 
この幼児は、マギーちゃんという女の子。

マギーちゃんは、ドライブ中にラジオから流れてきたマーク・ロンソンの『アップタウン・ファンク』に合わせて、大人顔負けのリズム感を見せている。

動画を投稿したイーサン・ザンさんによると、ラジオから流れる音楽に耳を傾けていたマギーちゃんは、まるでビートが降りてきたかのように激しいダンスを踊り始めたという。

『アップタウン・ファンク』はブルーノ・マーズとコラボしたロンソンの代表曲だが、聞く者の耳を離さないファンキーなリズムが、幼い女の子のグルーヴを目覚めさせたのかもしれない。
 

 

ちなみに、こちらのMVがオリジナルの楽曲である。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Ethan Than)
参照:YouTube(MarkRonsonVEVO)

(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ