ベッキーさん(31)と「ゲスの極み乙女。」川谷絵音さん(27)の不倫疑惑が発覚したが、1月21日に発売された『週刊文春』で、さらなる2人のLINEのやり取りが流出した。

週刊文春に掲載されているLINEのやり取りは以下の通りで、日付は1月5日、その日はベッキーさんが謝罪会見を行った前日だ。

■驚愕の言葉のセンス

2人のLINEのやり取りが初めて流出した際には、「離婚届」を「卒論」に言い換える言葉のセンスに驚愕したが、今回はそれを越えるインパクトがある。「文春」を「センテンススプリング」と言い換えているのだ。
 

■不倫だと思っていない

さらに、2人は不倫だと思っていないこと、そしてこの関係を継続できると考えていることが、LINEのやり取りから分かる。週刊文春では、ベッキーさんが離婚届けの書き方サイトを川谷さんに教えていることも報じている。

 

■Twitterでの反応


 

■どのような影響があるのか

川谷さんの奥さんは今回の件で憔悴しきっているという報道もある。不倫関係がどのようになっていくのか。さらに2人は仕事を自粛するのか。今後の動きに注目が集まる。ベッキーさんは、2月28日にはBSスカパー!などで4時間半の生放送となる「スカパー!音楽祭 2016」の司会を務める。
 

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:週刊文春WEB
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ