画像出典:YouTube(avex)

ミュージシャンの小室哲哉さん(58)が、病気療養後初となる妻・KEIKO(44)さんの歌声を自身のInstagram(tk19581127)に公開した。

KEIKOさんは、2011年にくも膜下出血を発症し、自宅療養を続けている。

公開された歌声がコチラ。
 


 
病気療養中で歌う事は大変だったと思われるが、KEIKOさんのハイトーンボイスは健在していた!

小室さんは、「病気後に創って唄ってみた keikoの声です。 きっと今はもっと上手になってると思う。」とコメント。

フォロワーからは、「感動の嵐ですぅ」「KEIKOさんの声、変わらず素敵ですね」「自然と温かい涙が出て来ました。」などの感想が寄せられている。

一日も早く、復活してくれることを心待ちにしよう。
 
【avex】globe / 「DEPARTURES(from LIVE DVD globe the best live 1995-2002)」

 

参照:小室哲哉Instagram

※本記事内のInstagram画像につきましては、Instagramの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ