記事提供:オモプラッタ

 

 

今回お話を伺ったのは、太田プロダクション所属のお笑いコンビ「ナインボール」のもとよさん。芸能界の一大派閥と言っても過言ではない!?「沖縄芸人」の実態とは!?

 

 


結成秘話

沖縄本島の浦添出身であるというもとよさん。コンビ名である「ナインボール」は、結成当時、お互いに100個ずつ、計200個のコンビ名を考えてきたものの、ピンと来るものがひとつもなく、翌日にコンビ名を発表しなければならなかった為、「どうしよう」と慌てていた所、もとよさんの相方が、もとよさんが当時かばんに付けていたビリヤードの球のキーホルダーを指差して「これなに?かっこいいね」と聞いてきたことに由来しているという。もとよさんが「ビリヤードのナインボールだよ」と答えると、「ナインボールって、なんかいいね。絶対に聞いたことがある感じだし」と相方が言い出し、それがきっかけでコンビ名が決定。以降12年、東京に来てからも、沖縄で決めた「ナインボール」の名前のまま、もとよさんたちはお笑い芸人を続けている。

 


沖縄芸人

実は、沖縄出身のお笑い芸人は結構多い。もとよさんと同じ事務所(太田プロダクション)にも数人いるそうなのだが、コンビで沖縄出身なのは、ナインボールしかいない。ちなみに、決まりはないものの、どういう訳か1組は必ず、各事務所に「沖縄出身コンビ」がいるのだそう。沖縄出身の人間は地元の繋がりが強く、2か月1回くらいのペースで事務所を問わず沖縄出身のお笑い芸人が集まって、ライブを開催している。

「沖縄芸人」たちは、ライブが終わった後の打ち上げもすごいのだそう。「みんなで飲もうよ」とお客さんにも声を掛けると、150名くらいの観客のうち、なんと100名以上が打ち上げに参加し大宴会が行われるという。ちなみに、場所はもちろん沖縄居酒屋かと思いきや、今は意外と中華料理屋。もとよさん曰く「めちゃくちゃ楽しい」という打ち上げは、なんと、「ライブには来ないけど打ち上げだけには行く」という本末転倒な人もいるのだとか。

 


沖縄ライブ

3月には沖縄の那覇市で「沖縄芸人ライブ」が開催されるという。東京で活動しているお笑い芸人が、みんな一斉に地元に帰ってライブを行うという企画であり、 ナインボールのおふたりはもちろん、キャンキャン、三日月マンハッタン、しゃもじ、吉本からは浦添ウィンドウ、オリオンリーグなどのメンバーが参加している。かつては、あのスリムクラブもそのライブに出ていたそうなのだが、現在はギャラなどの問題で出演しなくなってしまったのだそう………

 

 

記事提供:オモプラッタ

 

オモプラッタ Facebook
オモプラッタ Twitter


この記事に関するまとめ