驚異の30億回を超え、YouTubeの最多視聴回数を更新したスペイン語の楽曲「Despacito」。

様々なアーティストがカバーしているこの楽曲だが、また新たに超クールなカバーが登場した。

ピアノカバーなのだが、ただピアノで演奏するだけではないのだ。

 

 
ループマシンを使って、自身が奏でた音をループさせてさらに自分の演奏を重ね、人一人でやっているとは思えないほどの奥行きのある音に仕上がっている。

ピアノをひくだけでなく、弦を弾いたり本体を叩いたりと多彩な音を駆使しているその演奏は、見ている人を飽きさせない。

思わず時間を忘れ引き込まれてしまう、この映像と演奏に拍手を送ろう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Peter Bence)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ