多彩な才能を活かし、様々なジャンルで活躍されている女性芸人の鳥居みゆきさん(36)。

包帯を巻いたクマのぬいぐるみと共に白いパジャマ姿で登場し、独特なテンションで繰り広げられるネタ『マサコの妄想夢芝居』。

そのネタの中で出てくる「ヒットエンドラーン! ヒットエンドラーン!」というフレーズは誰もが一度は耳にした事があるだろう。

その“ヒットエンドラーン”には、実は隠された裏の意味があったらしい。

Twitterユーザーのやんち@JFR‏さん(@Yanchi_JFR)はその事に気づき、こんなツイートをしている。

 

 

ヒット=打つ ⇒ “鬱”

ラン=走 ⇒ “躁”

そう、『躁鬱』だったのだ!

真相は鳥居みゆきさん本人にしかわからないが、あの何かが憑依したようなテンションを見ると、納得とも思える裏設定である。

当時何気なく聞いていた事も、時を改めて見てみると気づかなかった事柄が見えてくる事もある。

子供の頃に流行ったギャグなど、もう一度見返してみてはいかがだろうか?

違う見え方があるかもしれない・・・?

 

■Twitter上の反応

 

 

 

 


 

関連・画像出典:鳥居みゆきInstagram 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

※本記事内のInstagram画像につきましては、Instagramの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ