国民的アイドルグループ「SMAP」が、年内いっぱいで解散することになった。

今年1月、グループを下積み時代から支えたマネジャーが辞任し、メンバー5人のうち4人が、所属するジャニーズ事務所と独立を協議していることが表面化。

その後5人そろってテレビ番組に生出演し、グループの存続を表明したが、メンバー間の亀裂は修復できないまま、騒動から7カ月で決裂した。

SNSでは、「SMAP解散の原因は何だったのか」様々な憶測が飛び交っている。

 


メディア報道では「解散の原因」は深堀りされていない。

そのため、SNSでは『誰が一番の元凶なのか』という話題でもちきりになっている。

 

■キムタクが元凶派


 

■事務所のトップが元凶派


 

■週刊文春が元凶派


芸能界の第一線を走り続けてきたSMAP。

今年12月31日で解散となるが、今後の動きに注目したい。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:朝日新聞/SMAP解散の衝撃 「きれいに終われなかったのか」
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ