世界中にファンを持つウォルト・ディズニー・スタジオによるアニメーションだが、その魅力はキャラクターの個性と不可分といっていいだろう。

洗練されたグラフィックやデフォルメはもちろん、ミッキーマウスやドナルドダックに代表されるように“声”がキャラクターのイメージとなっていることも多い。

そんなディズニーアニメのキャラクターを、なんと20種類の声色で演じ分ける男性が現れた。

ディズニーファンはもちろん、その驚愕の演じ分けに刮目してご覧頂きたい。

 

 

この動画を公開したブロック・ベイカーさんは、俳優やハンドモデル、コメディアンとしても活動している人物。

幾つかの映画出演の他、多用な声色を操ることから声優としても活躍している人だが、さすがのエンターテインメント性を感じさせる動画となっている。

 
画像出典:YouTube(Brock Baker)

 
画像出典:YouTube(Brock Baker)

 
画像出典:YouTube(Brock Baker)

 
画像出典:YouTube(Brock Baker)

 
画像出典:YouTube(Brock Baker)

 
画像出典:YouTube(Brock Baker)

ブロックさんが披露するモノマネは、ミッキーマウスやグーフィーなどのメジャーキャラクターの他、『ノートルダムの鐘』のクロード・フロロー、『メリー・ポピンズ』のアルバートおじさん、『ロビン・フッド』のノッティンガムのシェリフ、『美女と野獣』のル・フウ、『ラマになった王様2』のクロンクなど、ややマニアックなキャラクターも含まれている。

あなたのお気に入りのキャラクターはあっただろうか?

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Brock Baker)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ