記事提供:オモプラッタ

 

 

今回お話を伺ったのは、お笑いトリオ「超ヘルメット」の長瀬さん。「マッチングアプリ」で知り合ったという好みの女性。その女性は何と、180センチで100キロの巨体で、金髪のズラを被っていて、その上、そもそも女性ですらないただのおっさんだった!?

 

 

マッチングアプリ

最近流行りの「マッチングアプリ」で、好みの女性にお会いしたという長瀬さん。その女性は実は「男性に近い女性」だったそう。写真は思いっきり女性の姿であり、けれども、一応は男に属している女性、要は「ニューハーフ」であるということを会う前から知っていた上で、会いに行った。すると、長瀬さんの前に現れたのは、ゴリゴリのおじさんだった。女装してはいるものの、おじさん部分が強過ぎる。申し訳程度に女装がされているだけの、身長が180センチぐらいあるマッチョのおじさん。その上に、金髪のズラを被っていたそうだ。

 

この人、漢です。

「どうしよう」と思わずにはいられなかったという長瀬さん。しかし、お笑い芸人の性とでも言うべきなのか「男、長瀬弘人、戦うしかねえぞ」と自ら意味もなく退路を断った長瀬さんは、結論から言うと、最後までいってしまったそうだ。マッチングアプリで出会った、身長180センチ、体重は100キロぐらいあるマッチョで、尚且つ、金髪のカツラを被った、生物学的には男性であるものの「心は女性」のおじさんの家まで行き、早い話、お尻に◯◯◯んだり以外のことはしたそうだ。

流石に長瀬さんもビビッてしまい、完全なる受身になり、終わってからはすぐに逃げるように帰ったのだとか………

 

「マインドが女」ならオーケー

「180センチ100キロの、ゴリゴリのおじさんが相手でも出来るものなんですか?」という当たり前に湧いてくる疑問をぶつけてみた所、「これが不思議なもんで、気持ちイイんです。心はね、やっぱり持っていかれてないけど、身体は別」と語ってくれた長瀬さん。そもそも長瀬さんは、仮に相手にモノが付いていたとしても「心が女ならいい」らしく、つまり、生物学的に「ついてる」とか「ついてない」とかは、大した問題ではないと考えているのだそう。見るのは、マインド。気持ちが女ならオーケーなのだという。

 


 

ただ今回は、見た目もやはり多少は大事ということを、そのおじさまのお陰で学ぶことが出来たそうだ。ゴリゴリのおじさまが来てしまうと、幾らマインドが女の子だろうが、やっぱり少し厳しいものがあるそうだ………

 

記事提供:オモプラッタ

 

オモプラッタ Facebook
オモプラッタ Twitter


この記事に関するまとめ