イタズラにしては度が過ぎているというか、とにかく廃墟を自力で解体した少年がいるらしい。

もはや破壊行為と呼ぶしかない、ロシア人少年の危険すぎる遊びをご覧いただきたい。
 

 
撮影場所は公開されていないが、レンガで積まれた柱や朽ちたコンクリートなどから推測すると、かなり古い工場跡だと思われる廃墟である。

少年はいつ崩壊してもおかしくない柱に近付き、ジェンガのように崩そうとしてみたりレンガを投げつけてみたりと、完全にぶっ壊す気満々である。

最後にはデストロイヤーな少年の行為に老朽化した建物が耐えられず、柱と共に屋根まで崩壊する結果となった。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(RM Videos)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ