記事提供:オモプラッタ

 
サンミュージック所属のお笑いコンビ「第2PK」のひろみさんが今回教えてくれたのは、今や大御所と呼んでしまっても過言ではない事務所の先輩芸人「小島よしお」の知られざるエピソード。

小島よしおの意外な一面をお楽しみ下さい。


 

ダイエット検定を持っていて、後輩を痩せさせるのが趣味

 
ある時、事務所の先輩である小島よしおから「俺さあ、ダイエット検定1級取ったから、太ってる芸人を集めて痩せさせてみたいんだよね!」と言われたひろみさん。

先輩の一言であり、当然「じゃあ、お願いします」と答え、何の企画でもなく、ただただプライベートで集まり、小島よしお考案のダイエットをやっていた時期があったのだそう。

ちなみに内容は、「朝6時半に集合して、グリーンスムージーを飲んで7時に解散する」
 

小腹が空いたら、これを食え!

 
ダイエット中は、移動は全て自転車。

小島よしおに率いられた一同が自転車で移動しているその最中、ひろみさんが「すいません。お腹が空いてきました…………」と伝えた所、「ああ。今、いいものがあるよ」と言われた。

そして、そこで小島よしおがカバンから取り出したのは「袋に入った直の塩」だった。


 

「これ、天然塩だから!」

 
どう考えても、そのまま舐める以外に食べ方がなく、唖然とする一同。

「汗で塩分が出ちゃうからさ!」と、舐めることを促す小島よしおを前に「まあそうだけど、腹が減るのとはちょっと意味が違うだろ」と困惑するひろみさん。

意を決し、「え、塩ですか」と切り出した所、小島よしおは、ひろみさんたちが「その塩が安全かどうか」を心配していると思ったらしく「大丈夫!これ天然塩だから!」って太鼓判を押したのだとか。

記事提供:オモプラッタ

 

オモプラッタ Facebook

オモプラッタ Twitter


この記事に関するまとめ