1948年に国産コンビーフ第一号として発売され、69年という長い歴史を持つ『ノザキのコンビーフ』。

子供の頃から慣れ親しみ、懐かしい思い出とともに記憶に残っている人も少なくないことだろう。

その公式アカウントである、ノザキ(ノザキのコンビーフ)(@nozaki1948)が公開した自虐ネタが完成度高すぎるとして、Twitter民の間に大きな話題を巻き起こしている。

 

 

「自社製品を自虐するなんて、信じられません…!!!」と言いつつ、「ぶっちゃけ肉より高い」、「パッケージから得られる商品の情報、ほぼゼロ」、「開け方、初見殺し」、「コンビーフで作って旨いものは、大抵シーチキンでもうまい」という見事な自虐キャッチコピーを披露している。

しかもそのグラフィックアートが洗練されており、その点でも高い評価を集めている。

 

■Twitterの反応

 

 

 

 

 

 

 


 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ