こんなに分かりやすい“店名”、他にない!?

お店の特徴はこれでバッチリ把握できて、それでいて広告効果も文句なし!

前を通れば10人のうち10人全員が足を思わず止めてしまうであろう、インパクト高すぎるお店が まに@1-3月はお休み (@mani_ManiAt)さんのつぶやきをキッカケにTwitterで話題となっている。

 


その名も「ババアーが焼いてジジイが売る店」!

まさに直球。表現が老齢の男女を指しているあたり、恐らくは退職後にお店を始めたか、あるいは年齢に応じて店名を変更してきたのだろう。

気になるのは単純に『ババア』ではなく『ババア“ー”』という表記。なにか意味があるのだろうか・・・。

 

■Twitter上の反応

 

 


 

 

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ