20世紀の終わりにゲームセンターに設置され、それから世代は変わりつつも、絶えず若者たちに愛され続けてきた『プリクラ』。

特に女学生の間では、スマホによる自撮りが普及するまでまさに不動の地位を占めていたのは、ある程度の年齢の人ならばご存知だとは思われるが、その“加工”に、実はとても深い意味があったことはご存じだろうか?

撮影した写真にハートを付け足したり落書きをするアレに、である。

そんな男子禁制、女子だけの門外不出の知識を解説してくれる、おさめぐ (@osamegu121)さんが描いたイラストを今回はご紹介したい。

 


 

こ、こんなに深く計算されてたのか!

目やほうれい線、さらには二重アゴ。確かに女性にとっては、どこも気になる部分だろうからなぁ。

最近ではスタンプなどの部分加工のみならず顔全体にフィルターをかけるような筐体も存在しているが、やはりメーカーもなにが需要か分かっているということなのだろう。

しかしあんなにノリ全開で遊んでいるようにみえても、その裏では熾烈な戦いが繰り広げられてたんだな・・・。

 

■Twitter上の反応

 


 

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ