森ビルは、6月11日にオープンする複合ビル「虎ノ門ヒルズ」のキャラクターを発表。

その名もネコ型ビジネスロボット「トラのもん」だ。

「トラのもん」は100年後からタイムマシンでやって来たという設定。

「トラのもん」の姿は一見したところ本物のドラえもんに似ているが、体の色は青ではなく白。

ドラえもんのように四次元ポケットや鈴を持っている。

この「トラえもん」は、藤子プロと共同で制作されたキャラクター。

「虎ノ門ヒルズ」のオープン後は、「トラのもん」の立体模型が入り口に近い吹き抜けに設置され来館者を出迎えてくれる。

「虎ノ門ヒルズ」は高さ247メートルの複合ビル。

「トラえもん」含めて東京を代表する新たなランドマークとなりそうだ。

 

参照:産經新聞
参照:日刊スポーツ


この記事に関するまとめ