皆さんは次の文章を読めるであろうか?

その文章は、「3月1日は日曜日で祝日、晴れの日でした」である。

普通の文章だと思ったに違いないが、Twitterユーザー・佐野美心(@DNApro_mikokoro)さんによると、この文は海外の日本語学校では超難問であるという。

難しいと感じる理由とは!?
 


 
それは、「日」の字の読み方が全部違うからであるという。

言われてみれば、確かにそうである。

「3月1日(たち)は日(にち)曜日(び)で祝日(じつ)、晴れの日(ひ)でした」と、なる。

これは、日本語を勉強する人たちにとっては難しい。
 

■Twitterの反応

 


 


 


 


 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ