記事提供:クレイジー

 
自分では大丈夫と思っていても、知らず知らずの内にやってはいけないことをしている場合もあります。

今回は会社において、絶対にやってはいけないことを紹介します。もしかしたらあなたも当てはまるかも・・・。
 

1. 会社の電話で「オレオレ」と言ってはいけない

 

 
他社に電話をかける際、ついついいつものクセで「オレオレ」と言ってしまいがちですが、絶対にやってはいけません。注意したいところですね。
 

2.上司にほうれん草を渡してはいけない

 

 
「報告・連絡・相談」。略して「報連相」。

ここで多くの人間が陥ってしまうミスが、上司にほうれん草を渡してしまうことです。上司は部下に対して野菜など求めていないので注意しましょう。
 

3.お辞儀で柔軟性をアピールしてはいけない

 

 
間違ってもお辞儀で自分の柔軟性をアピールしてはいけません。お辞儀は頭を下げれば下げるほどいいというものではないのです。
 

4. 本格的なお茶を淹れてはいけない

 

 
会社に来客があった場合、本格的にお茶をたててはいけません。おもてなしの心は素晴らしいですが、やり過ぎは禁物です。
 

5. 名刺交換の際にドローしてはいけない

 

 
名刺交換の際にやってはいけないのが、自分の名刺を出す際に「ドロー!」と言ってしまうことです。カードの大きさが似ていてトレーディングカードと勘違いしてしまいがちなので注意しましょう。
 

6.会社でのランチを豪華にし過ぎてはいけない

 

 
会社でお昼を済ませる際に注意したいのがお昼を豪華にし過ぎることです。「休憩なのだから構わないのでは?」と思う方々もいるかもしれませんが、物事には限度があります。
 

7.会社訪問で大きなしゃもじを持っていってはいけない

 

 
他社を訪問する際に、大きなしゃもじを持っていってはいけません。あれはヨネスケだけに許された唯一の武器であり、誰もが気軽に持っていってはいけないのです。
 

8.プレゼン相手にアウェーの洗礼を浴びせてはいけない

 

 
プレゼンなどでレーザーポインターを使う際、ついつい相手に当ててしまいたくなりがちですが、絶対にやってはいけません。その時点でプレゼンテーションに負けてしまいます。
 

9.自分の仕事が終わっていても退社してはいけない

 

 
多くの人は残業をしています。そんな中、一番やってはいけないのが空気を読まず退社することです。しっかりと周りの空気を読むことが重要です。

恐らく知らず知らずの内にこのようなミスをしていた人もいることでしょう。もしこれらに当てはまった人は、今後同じミスを繰り返さないよう注意してみてはいかがでしょうか。

 

記事提供:クレイジー

☆クレイジーFacebookページ☆

☆クレイジーTwitter☆


この記事に関するまとめ