2008年に創設された「ふるさと納税」

自治体に寄附をすると“お礼の品”が貰えるのだが、「山形県最上郡金山町」の“お礼の品”がぶっ飛んでいると話題になっている。

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」に掲載されていた問題の品がコレだ。

 

画像出典:ふるさと納税サイト/ふるさとチョイス

なんと、金山杉の丸太1本(樹齢80年)が貰えちゃう!?

この丸太は、30万円以上の寄附をすると、“お礼の品”として送られてくるらしい。

用途としては、新築時の大黒柱やDIYなどの利用をオススメしている。

樹齢80年の大径木なので高価なものには違いないが、1本丸々だなんて豪快すぎる品物だ。

 

画像出典:ふるさと納税サイト/ふるさとチョイス

丸太以外にも、同金額の寄附で“かねやま杉のソファや飾り棚”もお礼の品として選べるので安心してほしい。

地元の特産品がお礼として送られる「ふるさと納税」。

少しでも興味がある方は、一度ホームページを覗いてみてはいかがだろう。

 

ふるさとチョイスとは

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:ふるさと納税サイト/ふるさとチョイス
関連:YouTube(トラストバンクキャンペーン)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ