地震の時の「机の下に隠れなさい」のように、最近の北朝鮮情勢に伴って、「ミサイルがもし落下して来たら、窓ガラスから離れた方がいい」という避難方法をよく聞く。

窓ガラスが飛び散って危険というのは、ピンとこない人も多いはず。

そんな人はこの動画をみたら、窓ガラスのそばにいることがどんなに危険かが分かるであろう。

 

 

人間の顔よりもはるかに硬い、カボチャがあの有様なのだ。

これが人間の顔ならば、恐ろしい。

飛んで来たガラス片が皮を裂き肉をえぐり、顔面がとんでもないことになってしまうイメージを容易に想像できただろう。

そのイメージを植え付けるためか、動画の合間合間に挟まれたおばさんの顔が何とも言えない演出になっている。

これには納得したというコメントが多数届いている。

 

■Twitterの反応

 

 

 

 

 

 

窓から離れて背を向けたら、万が一近くにミサイルが着弾しても被害を最小限に食い止められるだろう。

自分の身や周りの人を守るために、こういった知識とイメージをインプットしておくことは大切なことだ。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ