記事提供:オモプラッタ

 

 

今回お話を伺ったのは、太田プロダクション所属のお笑いコンビ「FREE MONKEY」の竹澤さん。20代後半を過ぎてから、みんなが一斉に頭を抱えだす「ある悩み」、その解決法とは!?医学的な根拠や裏付けは一切ありませんので、真似をして効果がなくても苦情のメールはご遠慮くださいませ!

 

 


これでひとつでOK

自分では気付き難いものの、マナーとして注意を払わなければならないもののひとつが「口臭」である。前回「薄毛予防」について教えてくれた竹澤さんが、今回、「口臭予防」として教えてくれたのは、まず、「歯磨き粉を変える」こと。「デンティス」という歯磨き粉を使っているという竹澤さん。一般的なものが300円代で買えるのに対して、デンティスは1本で1000円近い金額なのだそう。歯磨き粉の謳い文句として定番の「歯周病予防」としての効果よりも、純粋に口臭予防の為に開発されたというデンティスは、夜に磨いたその次の日の口臭を予防することが出来るのだそう。

 


気にしなくてOK

きっかけは他人から指摘されたことだった、と語ってくれた竹澤さん。芸人仲間から言われていて、お客さんにもバレていた。1年程前、お客さんにデンティスの歯磨き粉を差し入れにもらったことで、口臭予防を始めたという。ライブが終わり、出待ちで待ってくれていたお客さんの元に行った所、「プレゼントです」と言って手渡されたのが歯磨き粉。「え、何?………歯磨き粉かい!俺の口、そんなに臭いのか?」と少しショックを受けたという竹澤さん。帰ってから商品について詳しく調べた所、翌日の口臭を予防出来る効果があることが分かった。本来ならば、一日に数回、定期的に磨かなければならないのが、翌日まで効果が持続する為、歯磨きに追われなくていい生活を手に入れることが出来たそうだ。

 


飲めばOK

もうひとつの口臭予防として「茶カテキン」を取り入れているという竹澤さん。粉状の茶カテキンを水に混ぜたものを、普段から水筒に入れて持ち歩いているという。うがいするのではなく、それを飲む。緑茶自体に口臭予防の成分が含まれているからだ。ちなみにカテキンは頭皮にも良い。飲み物を持ち運べば節約にもなる為、一石三鳥の効果が得られる。様々な予防法を試してきた竹澤さんが最終的に辿り着いた「口臭予防」は「歯磨き粉デンティス」と「茶カテキン」のふたつなのだそう。

 

 

記事提供:オモプラッタ

 

オモプラッタ Facebook
オモプラッタ Twitter


この記事に関するまとめ