小さな小道と横断歩道の脇に置かれたモニターディスプレイ。

これは、あるドッキリ企画の仕掛けなのだ。
 

 
信号無視をした歩行者に、大きな急ブレーキの音を聞かせ、慌てたその瞬間を写真撮影してモニターに映し出すというもの。

映し出された自分の顔に、一様に驚いている。

とは言え、こんな小道で律儀に信号待ちをする人は少ないのでは・・・。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参考・画像出典:YouTube(Serviceplan France)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ