山口県宇部市には、トラウマ級の怖さで市民を待ち受ける彫刻があるという。

Twitterユーザーの邪欲望ヲクさま(@wokumeri)さんが「子供の頃から怖いと思っている彫刻」として投稿した動画が、Twitter民の間に恐怖を拡散している。

 

この彫刻は、宇部市にある『ときわ公園』に野外展示されているもので、彫刻家の関正司さんによる“ロッキング・ドール”という作品である。

百合の花を伏せたような抽象的なボディと、髪の毛を逆立てたリアルな女性の顔というアンビバレンスな形態が風に揺れ、なんともいえない不気味さを醸し出している。

波型に縁取られた裾の部分は、台座からわずかに持ち上がっており、ここに風が吹き込むことでユラユラと揺れる構造になっているという。

 

■Twitterの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ