いまや世界中で認知されている「日本食」というジャンル。日本食のオリジナリティを残しながらも、現地の特色を取り込み独自の進化を遂げている。「カリフォルニアロール」などが最たる例だろう。

しかし、インドネシアのとある日本料理店のメニューが、とんでもない進化を遂げていると話題になっている。

 

 


 

まずネーミングが強烈すぎる!!!

そしてよく見ると、料理の内容も強烈なものが多い・・・(笑)。

例えば「天ぷら盛り合わせビビンバ」など、どうやって食べるのだろうか。

これには驚きのコメントが相次いでいる。

 

 

 

 

 


 

海外で進化した日本食が日本人に必ずウケる味かというと、そうでもないようだ・・・(笑)

しかしお店の雰囲気から「日本が大好きなのだろう」ということは伝わってくる。ここはあたたかく見守ろう。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ