世の中にはちょいエロ漫画が溢れている!?

男女ともにドキドキできる、厳選した7つの作品ご紹介させていただく。

 


1.『ふたりエッチ』

画像出典:eBookJapan/ふたりエッチ(1)

処女と童貞のまま、お見合い結婚をした真と優良のラブコメディ。「本当の夫婦」になるため、愛を育みながらHのステップアップをしていく。性に関するアンケートや豆知識も掲載されているので、“性教育のバイブル”としても活用できる!? 

 

2.『桃色メロイック』

画像出典:eBookJapan/桃色メロイック(1)

ヤンキーで硬派なイメージの兄は、なんと妹のまさきに本気で惚れている。禁断の恋だが重苦しくはなく、ほんわかした気持ちで読めるラブコメディ。特に「妹好き」にはたまらないシーンが満載!



 

3.『君は淫らな僕の女王』

画像出典:eBookJapan/君は淫らな僕の女王

容姿も成績もパーフェクトなお嬢様・昴を追いかけ、同じ学校に入った幼なじみの主人公。いつしか遠くなった2人の距離は、ある「おまじない」で急接近していく。可愛らしいイラストとエロ描写のギャップが話題となった、自制心崩壊系純愛エロコメディ!


 

4.『聖痕のクェイサー』

画像出典:eBookJapan/聖痕のクェイサー(1)

織部まふゆが拾った銀髪の少年は、聖乳を吸うことで特定元素を自在に操ることができる「クェイサー」と呼ばれる存在だった。学園を舞台にクェイサーたちの闘いを描く。「乳房を吸う漫画」として注目を集めた、バトルアクション漫画だ。


 

5.『To LOVEる―とらぶる― ダークネス』

画像出典:eBookJapan/To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(1)

恋愛に奥手な男子高校生・結城梨斗を主人公とし、三角関係を描いたラブコメディ「To LOVEる―とらぶる― 」のスピンオフ。続編ともなっている本作は、バトルとハーレムの2つの路線を軸に話が展開される。少年誌の限界ともいえる過激なお色気描写でも話題となった作品。



 

6.『セキレイ』

画像出典:eBookJapan/セキレイ(1)

2020年、超巨大企業のビル頂上で一人の男が「鶺鴒(せきれい)計画」の発動を宣言。放たれた108羽は「セキレイ」と呼ばれ、戦うことを宿命づけられた美少女たち。主人公はセキレイの一人・結と出会い、運命を大きく変えていく・・・。巨乳美少女バトル系ラブコメディ。


 

7.『快感・フレーズ』

画像出典:eBookJapan/快感・フレーズ(1)

国語が得意の女子高生・愛音は、作詞オーディションに応募してみるが詞を紛失。その詞をなんと超人気バンドのヴォーカル・咲也が曲をつけ、歌っていた。愛音の才能を見抜いた咲也は、Hな詞を書くように愛音に迫る。激しいHシーンで有名だが、バンドもの少女マンガの先駆けともいえる作品。



 

R指定はないが、ご覧の通り、どの作品もエロ度が高めなのでご注意を!

ゾンビライターW.

 
画像出典:eBookJapan/ふたりエッチ(1)
画像出典:eBookJapan/桃色メロイック(1)
画像出典:eBookJapan/君は淫らな僕の女王
画像出典:eBookJapan/聖痕のクェイサー(1)
画像出典:eBookJapan/To LOVEる―とらぶる―ダークネス カラー版(1)
画像出典:eBookJapan/セキレイ(1) 
画像出典:eBookJapan/快感・フレーズ(1)
 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ