「痩せすぎだからもっと脂身を食べろ!」とよく言われる、ViRATES編集部の藤本です。

突然ですが、今めちゃくちゃアツいと話題のマンガ『キングダム』。現在40巻まで刊行されて、第1部が完となりました。

実は・・・読んだことがないのです。これほどの人気作を読んでいないとは、めっちゃ恥ずかしい。

というわけで、40巻を読破したいと思います! でも、ただ読んだだけではもったいない。中国・春秋戦国時代が舞台であり、グワシャャャと激しい戦いが起こるようなので、作品内でどれだけ人が死んでいるのか、数えてみようと思います。

まずは、コミックをレンタルしてきました。

けっこうありますね・・・。

読むだけでも時間がかかりそうですが、果たしてどのくらいの人数が死んでいるのでしょうか?
 
 
 

それでは、記念すべき1巻目です!


 
 
 

1ページ目から死んでます・・・。血のにおいが漂ってきますが、さっそく数えてみましょう。
 
 
 

このコマだけで、死者数は「20」に!!

ビビリますが、数える上でけっこう曖昧な死体もありそうなので、カウントのルールを決めておきたいと思います。
 
 
 

■ルール

明らかに死亡フラグが立っている時点(矢が刺さって動かない、ザクっと斬られた、崖から落ちたなど)で、死者数としてカウント。人の形と判別できないものは除く。
 
 
 

これでガシガシ数えていきますよ!!
 

と、その前に本作の主人公を確認しておきましょう。右側の鋭い目つきの少年・信(しん)が主人公のようです。左側の目がクリっとした美男子が漂(ひょう)。2人は戦災孤児で、「武功により天下の大将軍になる」という夢を持って、毎日剣の修行をしています。

2人の日常が描かれているので、死体が出てくる予感はまったくなかったのですが・・・、

1巻の1話目にして衝撃の展開が!!

ネタばれにならないように、表情で伝えてみます。

 


「ウソやろ!!!!」
 

「うぅぅぅぅぅぅぅ(泣)!!!!!」

 
 
 

怖ろしい漫画です。1話目からこんな展開を見せつけてくるとは! 『キングダム』は一度読んだらやめられないとは聞いていましたが、すでに先の展開が気になって仕方ありません。マジでこの先、どーなっちゃうんだよ!?

 
 
 

ストーリーが気になりながらも、死体の数も増えていきます。『キングダム』、序盤からけっこういろいろな殺し方のパターンを繰り出してきました。
 


ブチッと圧殺されています。
 


噛みちぎり。
 


見事な首チョンパ!

 
 
 
バラエティ豊かですね・・・。

 
 
 

せっかくなので、死者数だけではなく、死因も分けてチェックしたいと思います。暫定的にこのような区分けでカウントしていきます。

 

■死因

・刺殺→ 矢、ヤリ、剣などで殺された場合
・圧殺/撲殺→ 素手などで殺された場合
・首チョンパ→ 首を斬られて死亡した場合
・胴体チョンパ→ 胴体を斬られて死亡した場合
・その他→ 病死や毒殺など

 
 
 

そして、11巻からは主人公の信が所属する「秦軍」と、「趙軍」の戦いが始まり、死体数がハードなことになってきましたーーー!!!


首チョンパ。
 


また首チョンパ。
 


さらに首チョンパ。
 

って、どんだけ首チョンパしているんだよ!!
 
 
 

そして、ようやく20巻に突入!

め、目玉が大量に・・・。

とにかくこれも数えます。目玉が142個。ということで、142÷2で、71人としてカウント。

死体ばかりを数えて、12時間が経過しましたが、まだ20巻の折り返し地点です。死体を数えるという行為は、体力的にもそうですが精神的にもしんどいものがあります。

 
 
 

終わりまで争いばかりが続くのかと思っていたら・・・ここで奇跡が!

23巻で平和が訪れましたーー!!

やりました!!!!

と思ったら・・・。

 
 
 

 

なんすか、この死体の数は・・・。
 

お願いがあります。

もう、やめようよ、戦争。

みんな戦争やめよう。
 

ねぇ、お願い。
 

だけど争いは止まらない。僕1人が願う平和なんてちっぽけなもの。時は戦国時代なのです。
 

誰も殺戮をやめてくれません。

 

平和とはかけがえのないもの。死体を数えながら、そのことを痛感しています。

 
 
 

その後は、休戦もほとんどなく、30巻に突入しても、とにかく戦いは続きます。

 
 
 
そして・・・
 
 
 

最後まで激しいことになりましたが、とにかく40巻すべての死体数をカウントし切りました・・・!

 
 
 

さて、その結果は?

 
 
 








 
 
 

『キングダム』1〜40巻の死亡人数は・・・。
 
トータルで7493人でした!!
 

ものすごい数の人が死んでいる・・・。いや、これこそが戦争なのです。
 
 
 

この結果をせっかくなので、各巻ごとにグラフ化してみました。
 

 

死因別のランキングはこちら!
 


 

円グラフにしてみると・・・。

 

首チョンパ率が異常に高い! 胴体チョンパも含めると、なんと全体の4分の1を超えていることが判明しました!!

首チョンパ数だけを抜き取ってみたグラフがこちらです。

首チョンパの場面は強さをあらわす表現でもあるようで、『キングダム』では首チョンパした数=武将の強さとも言えそうです。
 
 
 

それにしても、数えるのは大変でしたが、常に感じたのは作者である原泰久先生のスゴさ。当然ですが、数えることより描くことのほうが、そりゃ何百万倍も大変です! 描写も緻密で、兵隊1人単位でしっかりと死に様が描かれている。そこには1人ひとりの死と向き合う作者の愛情すら感じられました。
 
 
 
マジで、原先生、リスペクトっす!!!
 
 
 

『キングダム』(1)


 
 
 

最後に、首チョンパのトータル数1756が、ビジュアルとして分かるように、こちらの画像を並べみましたので、ご確認ください。


 
 
 

 
 
 

『キングダム』、とにかくアツすぎます!
 
 
 

関連:eBookJapan/キングダム
 

提供:eBookJapan


この記事に関するまとめ