1870年といえば日本では明治3年。松代藩で大規模な農民蜂起が起こるなど、未だ幕藩体制の余韻冷めやらぬ頃である。

しかしこの度、インドネシアのジャワ島に1870年に生誕した男性が存命していることがわかった。

老人の名は、ムバフ・ゴトさん。現在145歳というご高齢の男性である。

 

 

人間の限界寿命は120歳までともいわれており、145歳という年齢はにわかに信じられないように感じる。しかしインドネシア政府の発行する身分証には、“1870年12月31日”という彼の生年月日がはっきりと記載されているのだ。

 

画像出典:YouTube

ゴトさんはこれまで4度の結婚をおこなったが、全ての妻や兄弟に先立たれた。

「私の希望は死ぬことです」と語るゴトさんは1992年に自分の墓を建て、死ぬための準備を始めたが、それから24年後の現在も願いをとげることができずにいる。

もし彼の年齢が事実であれば、人類史上最も長生きをした人物として記録されるジャンヌ・カルマンの122年164日を大きく引き離す、世界最高齢のご長寿ということになる。

なお、エチオピアには163歳、ナイジェリアには171歳を主張する老人が確認されているが、いずれも公式な記録は残されていないという。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(World-Reality News)
参照・画像出典:Independent/World’s oldest person discovered in Indonesia – aged 145
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ