民進党出身者の公認調整がめぐる中、民進党の玄葉元外務大臣の発言が物議を醸す事態になっている。

30日、若狭勝前衆議院議員との会談後、囲み取材で記者団に対しこのように述べた。

 

時間がないが、候補者の人生がかかっているので、1つ1つ丁寧に進めていく。できるかぎり希望する人を公認してほしいが、あすも協議を行って、前原代表に一定のレベルの報告ができるようにしたい。

 

「候補者の人生がかかっている。」

なんと、これが議員の本音ってやつなのか・・・。

この発言に対し、Twitterユーザー・緑のたぬき‏(@TNQNjp)さんは、実に核心を突いたコメントをしている。

 

 

まさにその通りである!

『国民の生活・未来・命』がかかっているのに、彼は自分たちの心配ばかりしている事を表明してしまったのだ。

これに対しTwitterでは大炎上している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

議員だからこそ誤解を招かないよう、言葉選びには慎重になってほしいものだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:NHK NEWS WEB
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ