埼玉県朝霞市の少女を誘拐・監禁したとして、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(25)の判決公判が行われた。

寺内被告は2014年、当時中学1年生の少女を誘拐し、自宅で監禁していた。

奇声を上げながら入廷した寺内被告。

裁判官の質問に対しても、「私はオオタニケンジでございます」「職業は森の妖精です」「私はおなかが空いています。今なら、1個からあげクン増量中」などと意味不明な言葉を連発。

奇妙な言動を繰り返したため、判決の言い渡しは延期となった。
 

 
画像出典:YouTube(ANNnewsCH)

中学1年生の少女を誘拐した寺内被告。

画像出典:YouTube(ANNnewsCH)

意味不明な言葉を連発したようだ。

画像出典:YouTube(ANNnewsCH)

裁判長は、判決の言い渡しを延期した。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
参照:テレ朝NEWS/「私は妖精」判決延期に 中1少女“誘拐・監禁”
参照:産経ニュース/「職業は森の妖精」「今なら、からあげクン増量」 寺内樺風被告が奇声上げ判決公判休廷→延期
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ