振り込め詐欺やオレオレ詐欺など、高齢者を狙った詐欺事件が一向に減らない中、さらに一歩先を行く新手のオレオレ詐欺が出てきた。

それは『だまされたフリ作戦』を逆手に取った手口だという。

埼玉県春日部市の83歳の女性の元に、甥を名乗る男から「交通事故にあった」と電話があったという。

しかし女性は本人と連絡を取り、すぐに詐欺だと気づいたそうだ。

これで終わりかと思いきや、更に続きがあったのだ。

 

 

なんとその後、警察官を名乗る別の男から電話があり、「金を受け取りに来る犯人を捕まえるので協力してほしい」と持ちかけられたそうだ。

女性はだまされたフリをして捜査に協力しようと、自宅に来たスーツ姿の男に現金100万円を手渡した。

周囲に待機している警察官が犯人を捕まえると思っていたらしい。

しかし、再び警察官を名乗る男から「犯人を逮捕した」という電話を最後に、連絡が取れなくなったという。

そこで女性は全ての話がウソで、だまされた事に気づいたようだ。

作戦に協力してもらう場合、現金をやりとりすることはないと注意を呼びかけている。

これに対しTwitterでは、「自分も騙されそう」「誰を信じていいのか・・・」「これ知らなかったらみんな騙されるんじゃ・・・」などとコメントが寄せられている。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:NHK NEWS WEB(「だまされたふり」逆手で被害)
参照:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ