先日、NHKの番組『ごごナマ』に出演した、ホリエモンこと堀江貴文さん(44)が同番組内で着用していたTシャツが、ネットを中心に大きな物議を醸しだしている。

こちらが、問題のTシャツの画像だ。
 


 
シャツには、かつてナチス・ドイツを率いた独裁者、アドルフ・ヒトラー。

その胸像と「No War」という反戦フレーズがプリントされている。

この良くも悪くも挑戦的な絵柄に、『不謹慎』や『風刺には思えない』といった抗議の声が相次いだわけだ。

堀江氏によれば、これは「平和こ祈念メッセージ」らしい。

また今までも度々このシャツを着用していたそうだが、“炎上”したのはこれが初めてだという。
 

実際、これ以前の時期に、問題のシャツを着用する堀江氏が様々な場所で、度々目撃されている。

そして、こういった場の同氏に対するコメントでは、確かに好意的に捉える人が存在したことも事実だ。

今回の場合も反対の声が大きい一方で、良い風刺として歓迎する声も少なからず挙がっている。
 

■シャツの目撃例


 


 
なお堀江氏を出演させたNHKは抗議の声を受け、その日の『ごごナマ』番組内で、すでに謝罪を行っている。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ