福島県双葉町の中学校で、教師が忘れ物を複数回繰り返した生徒に対して「ベランダから飛び降りろ」などと発言した事件が発生した。

 

 

忘れ物であれ、何らかのミスであれ、「飛び降りろ」などの発言が許されるはずもない。

当然自殺の示唆に当たるからだ。

しかし、ニュースなどの文字に起こすと無機質に聞こえるが、実際「先生と生徒でふざけていた」などという証言もある。

確かに先生と生徒といっても、多少のジョークを言い合うということは十分に有り得る。

単なる誤解か暴言か。どちらにせよ、生徒や親の証言如何によって簡単に職を失うこともあるのだから、教師の立場が年々弱くなっていると言わざるを得ない。

現在真相は調査中とのことだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ニュース)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ