先日20日に正式に配信は始まったiPhoneの最新OS「iOS11」。

嬉しい新機能が目白押しだが、どうやらこんな落とし穴もあるようだ。
 


 
アップデートしてから設定で変えない限り、写真の読み込みの際に4G回線などを利用するため、モバイルデータ通信をオフにしないと通信量がかかるとのこと。

必ずしも通信制限になるまでかかるとは言えないまでも、人によっては必要以上にロスしてしまうことは必須だ。

ちなみにこの解説動画にも、iOS11の新機能「画面収録」が使われている。こういった説明などに便利な機能といえる。

コメント欄にはこれに対する質問や憶測が飛び交っているが、もしかしたら通信量が余分にかかるパターンはこれだけではないかもしれない。

どちらにせよ、OSをアップデートしてからしばらくは通信量などをチェックし、設定などに見落としがないか注意した方が良さそうだ。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ